診療科目

消化器科

主な検査・治療の内容

消化器内視鏡検査

胃カメラ、大腸鏡、内視鏡的膵胆管造影(ERCP)

消化器内視鏡検査

内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
食道静脈瘤の内視鏡的治療(EVL・EIS)
消化管ポリープ・消化管早期癌の粘膜切除術(EMR)
十二指腸鏡による胆石治療(EST・EPBD)
胆道狭窄の治療(内視鏡的ステント留置術)

IVR(放射線診断技術の治療的応用)を用いた治療

肝臓癌(原発、転移)に対するTAE(経カテーテル的動脈塞栓術)・RFA(ラジオ波焼灼療法)
各種癌に対する動脈注入療法
癌による胆道・食道狭窄などに対するステント留置術

腹腔鏡下手術

(胆石、大腸良性疾患、早期大腸癌、早期胃癌など)

手術療法

(胆石、胃癌、大腸癌、イレウス解除術など)

化学療法

(胃癌・大腸癌など)

渡辺 泰博東京慈恵会医科大学昭和52年卒

  • 理事長
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医

専門

  • 消化器外科
  • 乳腺外科
  • 腹腔鏡下手術
  • 癌の心理療法